地球の未来のために。放射性核種による汚染土壌の放射線量の遮蔽率を高める処理技術のこと。地球の未来のために。私たちの未来のために。最も必要なこと。それは、地球をキレイにする技術。
地球の未来のために。放射性核種による汚染土壌の放射線量の遮蔽率を高める処理技術のこと。地球の未来のために。私たちの未来のために。最も必要なこと。それは、地球をキレイにする技術。

放射性核種処理機構とは?

平成23年3月の東日本大震災により、福島原子力発電所からの放射能の大気中への膨大な排出があり、広範囲にわたり拡散し地上に降りそそぎました。その結果、自然放射能数値をはるかに超える放射線量が各地で計測され、深刻な健康被害が問題となっております。

現在、汚染された土壌の処理は、具体的な実効ある処理技術が明確にされておらず早急に対策を講じていく必要があります。

そこで私たちは、こうした処理技術を実証・検証するために情報提供、普及啓発し、放射能汚染地域での核種処理活動の支援・参画、連携・交流を推進することを目的とするNPO法人を設立するものです。